トラックドライバーの日常業務と報酬

トラックドライバーの業務

トラックドライバーの業務を大まかに言ってしまえば「ある地点から、目的の場所に荷物を届けるのが業務」です。
ですが、その運ぶ対象となる荷物は、雑貨、食品、化学薬品、建材、生き物、ガソリン、高圧ガスなど、個体、液体、大きさ、重さ、多岐にわたります。
そして、運ぶ品物や目的によっては、運転手自ら荷物を積み込んだり、荷下ろしする必要が出てきます。

大まかな1日のスケジュールとしては、5時頃に「出勤」して、5時30分「点呼」体調の確認とアルコールチェック、そしてトラックの点検を行います。
6時「出発」荷物載せて、目的地に向け出発、9時「目的地到着」荷下ろしを行う、11時「次の現場へ」次の荷物の指示を受けて目的に向かう、12時から13時「休憩」トラックの止められるサービスエリアなどで休憩、15時「目的地到着」荷下ろしをして、翌日配送の荷物を積み込む、17時「退社」帰社して報告書作成後、勤務終了。

トラックドライバーになる!

トラックドライバーになるには、物流会社や運送会社に勤める必要があります。
採用条件としては学歴などはあまり重視されませんが、基本的には高卒以上となっています。
学歴よりも重要なのは、車が好きであり、運転そのものが好きであればトラックドライバーとして働ける素質は十分にあると言えます。

トラックドライバーの給料体系は基本的に「固定給」ですが、他にも「固定給+歩合」や「歩合制」の会社もあり、たくさんの荷物を積んで長距離を走り収入を増やしているトラックドライバーもいらっしゃいます。
他にトラックドライバー独特の手当としては、無事故であれば「無事故手当」、トレーラーの運転が出来るようになれば「トレーラー手当」が支給される会社も多いようです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ