トラックドライバーの「魅力と大変なところ」と「業界」

トラックドライバーの魅力と大変なこと

トラックドライバーになる方の多くは運転が好きでなる場合が多いので「全国様々な場所へ運転できる」事を大きなやりがいに感じる方も多いようです。
決められた時間までに安全に荷物を届けられるなら、車内での時間は自分に一人で自由に過ごせます、行動的で運転が好きな方にはとても魅力的に感じる点では無いでしょうか。

一方大変な点としては、不規則な生活や長時間の拘束が挙げられます。
長距離運転では、深夜、早朝に高速道路を長時間運転する事になる為、体力も必要になってきます。
また、トラックドライバーは配達の時間厳守なので、交通事故などで通常よりも時間が掛かる際には休憩時間を削りながら運転する事になります。
時間厳守のプレッシャーはトラックドライバーの精神を擦り減らす大きな要因になっています。

トラックドライバーの就職状態と業界の展望

トラックドライバーの業界の就職状態は、大変な人材不足に陥っています。
なぜなら、ベテランのトラックドライバーたちが引退していっているからです。
この為、トラックドライバー業界でも、女性トラックドライバーたちを増やそうという動きや、トラックドライバー育成や免許取得の支援などを行う会社も増えてきています。

トラックドライバー業界の今後の展望としては、慢性的な人手不足を解消しようと、トラックドライバーが業界に定着する為、休日を増やしたり、勤務体系に柔軟性を持たせる会社も増えてきています。
また日本の物流はトラックドライバーたちに支えられているので、体が健康で大型トラックなどのスキルを身に着ければトラックドライバーは長く働ける仕事だと言えます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ